腎臓病は食事療法が大切なケアになる|身体の異常を解消

医者

高い血圧と腎臓の関係性

医者

腎機能の悪化と血圧の関係

高血圧と腎臓の結びつきについてですが、 数多い高血圧症が発生する原因については腎臓のコントロールする機能の異常性にあるといえます。つまり、腎臓および高血圧は極めて直接的に影響を及ぼしています。非常に多くの血圧の高い要因が、腎臓のナトリウムのコントロールの異常にあるとされています。 あらためていうまでもなく、腎臓の疾病は高血圧を引き起こし、さらにその反対に、高血圧症は腎臓病を進行させる大きなリスク要素という部分があります。頭に入れておいておきたいことは、高血圧の病を患っている方の3割が腎障害を併せて有していると指摘されています。 ですから、腎機能が悪化しますと、高い確率で高血圧症になるということがいえます。

密接な関係があります

高血圧と腎臓病が負のスパイラルを作り出します。身体の中で生み出された身体にとって不必要な老廃物は、血液を使って腎臓に対して運ばれ、腎臓の中に存在する網目のメカニズムをもった糸球体によって濾過され、そして尿という形で体外に出ます。こういった腎臓の濾過による働きについては、糸球体に繋がる血圧によってコントロールされています。 元来腎炎といった腎臓病が見られると、血を濾過させる糸球体の網目が目詰まりしてしまい、濾過の働きが快活でなくなってしまいます。その結果、圧力使って濾過させようとなるために高血圧というものになります。 それに加えて、高い血圧の状態が継続していくと、糸球体に動脈硬化が生じ濾過の働きが悪化します。以上のように高血圧と腎臓病は相互に負のスパイラルを作り上げます。