体験前に学習を!京都を美しく彩った花魁はどういった人達だったのか

体験前に学習を!京都を美しく彩った花魁はどういった人達だったのか

女の人

花魁は京都を彩る美しい華

京都でも人気の花魁体験は、華やかな着物を身にまとい、記念撮影ができるとして国内の観光客や海外の方からも注目されいます。しかし、花魁について現代人はどの程度しっているのでしょうか。花魁は京都でも最高位の遊女が呼ばれていました。そのため、風俗を思い描く人も少なくありません。確かに身1つの商売とも言われる遊女ですが、教養や芸もきちんと身につけた接客のプロとも言えます。

女の人

花魁にも長い下積みがある

花魁と呼ばれる地位は、遊女の中でも上位の位と言われていました。また、この階級まで上がることができると、女性の方からお客さんを選ぶことができるという面白いルールも存在していました。

女性

花魁が身につける衣装は花嫁衣装とされている

花魁の魅力を引き立てるように、様々な着物が美しく仕上げられています。このような着物は花魁体験でも着ることができ、身につけることでその時代にいるような錯覚を味わえることでしょう。しかし、なぜこのような美しい着物になっているでしょうか。その大きな理由として、その着物1着1着が、お客さんに対する「花嫁衣装」となるからです。お客さんとは一夜限りをモットーにしている花魁にとって、着物は夫婦の夜を象徴するものとも言われています。

女の人

花魁は足元にも手抜きはしない

よく花魁が登場する映画やドラマでは、底の厚い下駄を履いています。あれは実際に花魁が利用したとされる高下駄で、重さは約30キロほどあるといわれています。この高下駄を履くことで、足元を目立たせることから、花魁の美しい足を強調しているとされています。

花魁が身につける衣装道具

  • 美しい着物
  • 高下駄

広告募集中