腎臓病は食事療法が大切なケアになる|身体の異常を解消

老夫婦

腎臓病は食事で治療する

家族

腎臓病の患者は、治療をしていく中で食事療法が必要になります。腎臓に負担を掛けないように、タンパク質の摂取を制限するようにしましょう。また、塩分を抑えるということも重要です。

View Detail

高い血圧と腎臓の関係性

医者

高血圧は体の内臓の動脈硬化を促進する危険度が高い因子になります。とりわけ腎臓においては強力な害をあたえます。その結果高血圧症の腎臓病の病を患っている方にとっては、腎臓病治療も 重要ですが、高血圧そのもののケアも肝要になってきます。

View Detail

腎臓によい食事をするには

女性と犬

腎臓は血圧の調節だけではなく、老廃物を排出する重大な役割をになっています。そのため、腎臓病になると、高血圧だけではなく、命にかかわることもあります。しかし、腎臓に優しい食事をとることで進行を遅らせることはできます。「薄味」といった弊害も工夫次第でおいしくできるので、気長に腎臓病食を続けましょう。

View Detail

慢性腎不全と食生活

和食

慢性腎不全の制限食

腎臓は水分や電解質の調整、血液の浄化、ホルモンの分泌・調整を司っています。糖尿病や腎炎などで、腎臓の機能が低下すると、体内の老廃物が濾過できず、身体のむくみや尿毒症などの症状が現れます。腎臓の機能が正常に働かない慢性腎不全になると、高血圧や心臓病などの他の合併症も引き起こす怖い病気で、腎機能自体は回復することがありません。腎臓病の症状悪化を防ぐには食事療法が中心となります。病状によりますが、カロリー・塩分・カリウム・タンパク質・リンの制限が必要となり、血液透析を開始すると、さらに食事内容が異なります。塩分とタンパク質を制限しなければ、腎臓で濾過できません。身体に諸症状が現れますので、特に注意が必要です。これら食事療法を、病院では徹底して患者に指導し、日々の食事療法につなげています。

慢性腎不全の予防と安定

病院では、腎臓病の患者には、医師・看護師・栄養士などがチームを組み、発病時や病状のコントロールが必要な時期などに、適宜指導を図ります。その際には、単に食事について説明するのではなく、食事療法で得られる効果を説明し、腎臓病を抱えてどのように生活したいかのビジョンを共有します。腎臓病になっても、社会的に活躍している方も多くいますので、その例を挙げながら、二人三脚で病気と向き合います。これらが奏功しているため、日本では腎臓病患者への食事療法や、透析導入後の生存率は改善しています。腎臓移植の例が極めて少ない国であるため、食事療法が他国と比べて厳密になっているのだと思います。このように、腎臓病を抱えても食事に気をつけることで、社会生活を楽しみ入院せず暮らしていくことができます。